tcd

OSスーパーロックLSDは、原理的に音が出にくい設計になっています。しかしクルマの仕様及び使用条件等により、まれに音が発生する場合が有ります。
注:装着後300kmぐらいは部品の初期なじみの段階なので、音が発生する場合がありますが、その場合は走行を重ねるごとに音の発生が少なくなります。

CUSPAが総発売元になっています。CUSPAのホームページでご確認ください。

特長のページで詳しく書いたように、安全面で多くのメリットがあります。特にBMW用スーパーロックLSDはATにベストマッチするように開発されています。BMWはクルマ自体がとてもスポーティにできていますから、LSDを装着するだけで、ノーマルでも十分スポーツ走行が楽しめます。ユーザーの中には、ATでサーキット走行を楽しまれている方も少なくありません。

MT車は自分の意志で駆動輪にパワーをかけられますが、AT車は変速にタイムラグがあるため、常にそのことを頭に入れながらアクセルワークしなければなりません。しかしOSスーパーロックLSDはデフロックまでの課程がスムーズなので自信を持ってアクセルコントロールができます。

ラインナップを充実している途中なので、ご面倒ですがCUSPAの方までお問い合せください。

確かに1/100秒を競うレースでは、マシンの特性及びレーサーの要望等に応えるために、セッティングをカスタマイズしてお出しすることが多いのですが、LSD本体は通常の物と変わりはありません。

レース以外でも要望があれば特別なセッティングを致しますが、価格が10,000円プラスとなります。(特別セッティング発注書をご用意しておりますので、総発売元のSPKまでご連絡ください)

OSスーパーロックLSDは、100%ロックを可能にしたことで、LSD自体からの発熱やディスクプレートの摩耗、イニシャルの低下等が少なく、ライフサイクルが驚異的に延びます。
〈参考例〉現在も継続中の弊社ロングランテスト車両の、一般走行における40,000km走行時検査において、摩耗と性能低下は見られません)

ロックタイミングコントロールシステム(LTC)の採用により、フリーの状態からデフロックになるまでの過程が非常にスムーズで、デフロック時の衝撃等もほとんどありません。従って車両の姿勢変化が起こりにくく、イメージ通りのコーナリングラインをトレースすることができます。→技術ハイライト1へ

大容量ディスクの採用とLTCシステムの相乗効果により、余計な滑りが発生しないので、LSD特有の不快なチャタリング音がほとんど発生しません。→技術ハイライト2へ

純正オープンデフが要因で起こる、路面のうねりや横風等によるハンドルの取られが軽減され、長時間走行が安全で疲れにくくなります。→技術ハイライト3へ

ドライ・ウェット・スノーと、シーズンを選ばず、ドライバーの意志でトラクションをコントロールできるLSDです。

※仕様・外観は、改良のため予告無く変更する場合がありますのでご了承ください。
FOOTER